資格を取得する

挙手

保育士の仕事は、保育所や児童福祉施設などで子供たちの日常生活の補助を行い、保護者の育児を支える仕事です。その資格を取得するためには、二通りの方法があります。 一つ目の方法は、保育士養成施設を卒業する方法です。保育士養成施設とは、保育士養成課程を持つ4年制大学・短大・専門学校などのことを指し、これらの学校に入学し、全課程を修了して卒業することで、自動的に資格を取得できます。 二つ目の方法は、保育士試験に合格する方法です。この試験を受験するためには受験資格があり、大学・短大・専門学校を卒業(もしくは卒業見込み)することなどが挙げられます。ただし、条件によっては高卒や大学中退の方でも、受験資格を満たせる場合もあります。

保育士育成施設を卒業する方法で資格を取得した場合には、採用試験さえ突破することができれば、学校を卒業後、すぐに現場で働けるというメリットがあります。一方、保育士育成施設ではない大学などを既卒の場合には、再度育成施設に通学するのは費用と時間を要するため、保育士試験を受験して合格する方が効率的です。 近年の保育士試験の合格率は、概ね10%〜20%程度で推移しており、しっかりと対策を行って臨めば、初学者でも十分合格を狙える資格と言えます。最近では、仕事や家事・育児との両立が可能な通信講座が充実しています。そのため、出産後に復職を考えている女性の方や、資格を取得して転職したいと考えている方などにも人気があります。