成長に必要なこと

女の子

 誰もが天才的な能力を発揮する時期が、「幼児期」です。特に、0歳から3歳の時期が最も脳への吸収力が優れており、黄金期とも言われています。   子供の能力を引き伸ば、開花させるためには、この時期に適切な働きかけを行なう必要があります。この時期に正しい取り組みを行なうことは、その後の人生に大きな影響を与えるのです。  この時期に「五感」を刺激する働きかけを積極的に行なうことは、子供の「脳」への刺激となり、質の良い脳へと変化していきます。五感を通した脳への刺激は、脳回路を複雑なものにし、強固なものを築いていくのです。  「小さい子供は何も分からない」というのではなく、この時期は「脳の発達」が著しく行なわれている重要な時期だ、と認めることが大切なのです。

 幼児期の働きかけが重要であると認められ、あらゆる場面で「幼児教育」が行なわれるようになってきました。このような中で「幼児教室」へのニーズは高まり、幼児への働きかけが積極的に行なわれています。  今日、多くの「幼児教室」では、「1人1人の能力や素質」を引き伸ばすための取り組みが行なわれています。「入学前の知識の習得」と言うのではなく、あらゆる取り組みを行ない「能力を開花させる」、という視点に立ったレッスンが行なわれています。  「幼児教室での能力開発」というと、何か難しいことを取り入れている様な響きがあります。しかし、実際に行なわれていることは、難しいことではありません。子供達が楽しいと感じる取り組みを数多くこなし、たくさんの体験を行なうことで、「脳」に刺激を与えているのです。  「幼児教室」は、勉強が出来る子供を育てているのではありません。「1人1人、自分の個性を輝かせることが出来る子供」へと導いているのです。結果的にこのような子供達は「学力」・「精神」ともに秀でた、優秀な人材へと成長していくのです。